DENTAL STATION GROBAL GROUP BLOG

2017年の総会、忘年会も無事終了しました

2018年1月4日

こんにちは!デンタルステーションCAD-CAMセンター技工士の濱崎です。

2017年の総会、忘年会も無事に終了しました!
毎年行われている総会は午前と午後に分かれて勉強会を開き
午前中はスタッフの発表や各医院の今年1年をまとめたスライドを発表しました。

僕はオールセラミックの材料の特性、新たに保険治療に加わった下顎第一大臼歯CAD/CAM冠の症例発表、今後の歯科技工の在り方を発表させていただきました。
特に下顎第一大臼歯CAD/CAM冠は去年の12/1に保険適応になったばかりなので四国でも最速の症例発表になったと思います。

午後からはGCさん、メディアさんの最新の発表を聞かせていただきました。

やはり近年の歯科治療における進化のスピードは物凄いものがあり、最新の情報の有無が治療に大きく影響してくる事を改めて感じました。

IMG_9887

夕方からは会場を移し皆で忘年会をしました。僕もビンゴ大会で歯ブラシセットが当たりました!
去年1年はメタルフリー治療実現のもと頑張って参りましたが、今年は更に1人でも多くの患者様のお口の健康に貢献出来るように頑張ります!!
IMG_9892

デンツプライシロナ社主催のセミナーに参加してきました

2017年10月2日

こんにちは。歯科技工士の濱崎です。
昨日10/1に高松サンポートホールにて行われた、デンツプライシロナ社主催の Digital Dentistry Solution Seminar に石井理事長と参加してきました。

s_29.10.01cerecセミナー2

市岡歯科の市岡千春院長先生のCEREC実症例やCTとの連携に関してご説明いただきました。

デンタルステーション各医院では既に歯冠修復の分野ではCERECをフル活用させていただいているのですが
インプラントなどの分野でも、まだまだ可能性を秘めていると思います。

今後、日本の歯科治療が大きく変わって行く事を感じさせられたセミナーでした。

日本口腔インプラント学会学術大会in高松

2016年11月7日

こんにちは(^◇^)
宮脇町歯科医院の山西です。

img_2485

先日高松市で開催された、日本口腔インプラント学会・中四国支部学術大会に
石井理事長と参加し、

石井理事長は症例発表を、
私は、天然歯の歯周病とインプラント周囲炎の関係性についての講義を聞いて参りました。

皆さんは「インプラント周囲炎」という言葉を耳にしたことはありますか?(^J^)

「インプラント周囲炎」とはいわゆるインプラントの歯周病(歯槽膿漏)のことです。
インプラントの周りの清掃が不十分であったりすると、インプラント周囲炎になってしまうことがあります。
インプラント周囲炎が進行した場合、最悪、インプラントが抜け落ちてしまうことも・・・

またお口の中に、インプラントと一緒に歯周病になっている天然歯(自身の歯)が存在している場合
インプラント周囲炎発症のリスクが高くなるとも言われています。

インプラントを長持ちさせるためには、自身の歯とインプラント、両方のケアをしっかりと行い、
お口の中全体を清潔な環境に保って上げることが大切なんです(*^-^*)

そのお手伝いをさせて頂くのが、私たち歯科衛生士のお仕事です!

患者様一人一人に寄り添い、
その方のお口の中の環境や、生活背景に合った指導をしていくことが大切であると
改めて感じた講義でした(^-^)