DENTAL STATION GROBAL GROUP BLOG

セレックを使ったアトランティスアバットメント(前歯)

2021年7月9日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

今回もアトランティスアバットメントを使用したインプラント技工の紹介です!

今回の症例は前歯の補綴治療です。
セレックを使ったインプラントは、「型取りをしない」事に目が行きがちですが、真のメリットは実は「適合の良さ、精度の良さ」なのです。

そして今回も、このブログではお馴染みのセレックオムニカムを使いスキャンをして、アトランティスアバットを制作!

アバット製作画面↓
be8
 
 
 

その後、セレックインラボにてレイヤリング用ジルコニアフレームとTEK(仮歯)、セット時に使用するジグを設計、削り出しました。

完成品がこちら!模型が無いのでジルコニアクラウンの方は次回試適なんですが、隣の歯とのバランスを見たいのでレイヤリングして研磨までして試適に臨みます。
この試適でレイヤーまで完成させているやり方の方が修正箇所があれば明確に分かります。今回のオーダーは隣の歯より若干綺麗目で仕上げです。

レイヤリングに関しては先にミリングしておいたTEKの形を参考にして築造します。過去に紹介した根付きポーセレンの要領ですね!練習しておいてよかった!

DSC_0505

↑真ん中のクラウンはTEKです。

DSC_0502

↑試適用のジルコニアクラウン。この状態でも問題無ければセットできます。

DSC_0508
アバットの適合もバッチリ!

DSC_0509DSC_0510

↑こちらはジグです。

1回のスキャンでアバット、補綴、ジグ、仮歯の4つが作れてしまいました!
しかし写真。カメラがいつもと違う物を使ったので若干暗いですね。。。すいません。

このケースに関しては、修正や調整も無く無事にセットされました。結果、TEKは使用せずでしたが、結局レイヤリング時に形態を参考にするのでTEKは必須です。

技工物制作に関する質問や、お問い合わせはこちらより!

アトランティスアバットメント(ゴールド加工)

2021年7月1日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

診療が忙しく更新が遅れてしまい申し訳ありません!
今回もアトランティスアバットメントを使用したインプラント技工の紹介です!

治療のおおまかな流れですが、チタンベースを使った補綴物制作と流れは似ています。

スキャン→設計→アバットミリング→クラウンミリング→セット という流れです。
しかしアトランティスアバットはチタンのカスタムアバットですので普通のミリングマシンでは削れない為、
シロナ社にある専用のミリングマシンで削って届けてもらっています。

チタンベースを使った場合でも、もちろん利点は多いので症例に応じて使い分けていますが、
現在、当技工所が制作するアバットメントは、そのほとんどがアトランティスのカスタムアバットメントになっています。

色も無垢とゴールドが選べるのですが、現在は臼歯部でもほぼゴールド加工で作っています。
DSC_0433

アバットメントはシロナで削り出してこんな感じで配送されます。
DSC_0440

ジルコニアのクラウン部分は当技工所で制作し、口腔内でセットします。
DSC_0447DSC_0448

今回のケースは手前側に既にアバットメントが入っており、そちらと繋げて被せれる様にジルコニア側が連冠になっています。

アトランティスアバットは適合も非常に良く好評をいただいております!

技工物制作に関する質問や、お問い合わせはお問い合わせはこちらより!

インプラントガイド(セレック)

2020年12月28日

こんにちは!CAD-CAMセンター濱崎です!

当ラボではインプラントに使用するガイドも制作しているのですが
今回はセレックを使ったインプラントガイドのご紹介です!

ガイドは透明なプラスチックのディスクを削り出して制作します。

IMG_8098
こちらが削り上がったガイドです!!1ディスクで2個から3個のガイドが制作可能です。

IMG_8100
この症例はカムログ社のインプラントなので、カムログのスリーブ(紫の丸いの)を付けて完成です。

IMG_8101
ご覧の通りガイドをつまんで、持ち上げても模型が落ちないくらいピッタリに作れます!!

今回はインプラントガイドのご紹介でした!

 

技工物制作のお問い合わせはこちらより!

ドクターミーティングを開催しました

2020年11月19日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

先日、グループ内の先生が集まって、月1で行われている勉強会「ドクターミーティング」にて、僕も技工の発表をさせてもらえる事になり、スライド発表をしてきました!この日は理事長のインプラントの発表と原先生の症例発表もありました。

僕が発表した内容は

①材料によるバーの違いで発生する内面スペースの差と歯台形成のポイント
セレックを使ったインプラント作成
前歯CAD/CAM冠の製作発表

です!

①なんかは、かなりマニアックな話ですが、とても大事な事なので発表させてもらえて良かったです!

いつ発表してもいい様にスライドを作り貯めしておきます!
IMG_7910

アトランティスアバットメントを使ったインプラント(オステム)

2020年10月24日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

今回はアトランティスアバットメントを使用したインプラント技工の紹介です!

アトランティスアバットメントは僕が愛してやまないメーカーである「デンツプライシロナ社」が行っているチタンアバットメントを制作するサービスです。

インプラントの模型か、スキャンデータを東京にあるシロナのアトランティスオフィスへ送り、アバットメントを制作してくれます。
かなり細かい指定をしても、しっかり聞いてくれました!(シロナさんありがとうございます)

今回のケースは埋入深度が深く、チタンで立ち上げた方が良いので以前紹介した作り方ではなくアトランティスを使用しました。

アバットメントデータが決定して、チタンを削り出してラボに届くまで1週間ほどかかってしまいますが、
アバットメントデータをダウンロード出来る様なシステムになっていますので到着を待つ間ジルコニアのクラウン部分を制作して待つ事が出来ます。
bd984368be5caa53eadf668ce77c3ab0

そして届いたアバットメントと僕が作ったジルコニアの写真がこちらです。↓

DSS_7859

アバットメントは到着後にサンドブラストを当てています。ジルコニアとの適合もバッチリで当ラボのミリングマシン「X5」との相性もよさそうです。

DSS_7891
最終完成品です。

DSS_7916
左の補綴物は同時期に完成した従来通りのチタンベース(ノーベル社)を使ったインプラントです。銀の部分(チタン)が違いますね!

今回はアトランティスアバットメントのお話しでした!

香川県高松市デンタルステーションCAD-CAMセンター(技工所)
技工物制作のお問い合わせはこちらより!