DENTAL STATION GROBAL GROUP BLOG

保険治療で最も白い歯!(A1 CAD/CAM冠)

2021年3月8日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

今回は珍しいA1カラーのCAD/CAM冠を紹介します!

まず歯の色は基本的にはA系統(オレンジ)B系統(黄色)D系統(赤色)C系統(グレー)の4つに分類されています。
日本人はだいたいの方がA系統です。

続いて、色の濃さでも分類されています。例えばA系だとA1~A4まであり、数字が高くなるにつれて色が濃く(茶色く)なります。
こちらも日本人の多くがA3です。制作している体感で言うと7割くらいがA3だと思います。
普通の歯の色といえばA3です。

保険治療に使われるCAD/CAM冠は素材となるブロックを削り出して作るのですが、そのブロック自体に最初から色が付いており、例えばA1のCAD/CAM冠を作りたい場合はA1のブロックを素材に制作しているのです。
下の写真、右側がA1です。白いですね~
IMG_0285
ブロックを製造している会社は数社あるのですが、ほとんどのメーカーの保険用のブロックはA2~A3.5までしか作っていません。

そして今回制作したのは、なんと激レアなA1のCAD/CAM冠なのです!!保険でも白い歯が入れられるのです!
A1というと最も白い色!ホワイトニングだとしたら最終到達地点!
当技工所ではCAD/CAMを使った技工物しか制作していないのでA1ブロックも常備しています!

A1ブロックを生産しているメーカーは、ほんの数社だけありますが、受注生産だったり、ディーラーで在庫を置いていない場合も多いのでラボでストックをしています。

このブログを書いている時点では、セレックX5対応の大臼歯ブロックでA1を生産しているメーカーは僕の知る限りごく僅か、また前歯ブロックでA1を生産しているメーカーも、ほとんどありません。
そんなレアカラーなA1の画像がこちらです!A3の色見本との対比をご覧下さい!

DSS_9481

DSS_9494

DSS_9484

すごい!白い!A3の色見本を横に置いてみると、その白さが分かりますね!

他の自分の歯がA1だとしたら、ここにA3なんかセットした日には茶色くて目立ってしまいます。
他の自分の歯が、A1以外だと色が1本だけ浮いてしまうので1本だけA1を入れるのはオススメしません、、、
何本か同時に隣接の歯を治療する事があればオールA1でも問題ないと思います。

もしご自分の歯がA1じゃなくても今後ホワイトニングを予定されている方はA1のCAD/CAM冠をあらかじめセットしておけばバッチリだと思います!

今回は白いCAD/CAM冠も制作可能というお話しでした!

CAD/CAM冠治療をご希望の患者様は、高松市内、最寄のデンタルステーションへご相談ください!
技工物制作のお問い合わせはこちらより!