DENTAL STATION GROBAL GROUP BLOG

保険でも綺麗な前歯! 前歯CAD/CAM冠が保険適応になりました!

2020年10月6日

こんにちは!CAD-CAMセンター技工士濱崎です!

今回は9月より保険導入されました前歯CAD/CAM冠に関して紹介致します!

これは何十年もの間、保険適応の前歯といえば金属を使ったレジン前装冠だったのですが、そこにどでかい風穴を開ける大きな革命です!!

前歯CAD/CAM冠が保険導入される事は前々から予想はしていたのですが、とうとう現実になりました!!

IMG_7513

IMG_7557

 

CAD/CAM冠とは保険で治療できる、セラミックとレジン(プラスチック)のハイブリッド素材の被せ物なのですが、

長らく臼歯部のみの保険適応でした。今までのブロックと違い、グラデーションがかかっていて綺麗なのが特徴です。

現在ノリタケ社「アベンシアN」とGC社「セラスマート レイヤー」で2社のみの取り扱いです。(GCは発売日に早速ゲット!!!)

 

IMG_7514

 

今回前歯CAD/CAM冠が保険導入されたという事で、適応条件はあるものの上下7番目の奥歯以外、

全てCAD/CAM冠で治療可能になりました。

DSS_7732

 

CAD/CAM冠は自費治療のジルコニアやe.maxに代表されるセラミックには全てにおいて勝てませんが、

今まで何十年も保険適応の治療で使われていた前装冠と呼ばれる金属にレジンを巻いた補綴に比べ、ずいぶん良くなりました。

こちらが完成した前歯CAD/CAM冠です。(アベンシアN)

DSS_7733

ん~やはりセラミックと比べてしまうと生々しいリアル感は無いですが、従来の保険適応の前装冠と比べると、金属を使っていない分、オペーキーにならず色に奥行きがあり健康的な発色に仕上がりました。また技工作業はほぼ全てデジタルで行いますが、設計自体は人間が考えますので技工士の設計センスが試されると思います!

前装冠と比べるとかなりいいですね!!

保険治療でハイブリッドが入るという事はメタルフリー(金属を使わない治療)の観点からも良い保険導入だったんじゃないかと思います!
CAD/CAM冠は吸水性がある事や、経年変化で変色がある事を踏まえるとセラミックの勝ちですが、従来の保険の治療法である前装冠と比べてみると明らかに清潔で綺麗です!

 

CAD/CAM冠治療をご希望の患者様は、高松市内、最寄のデンタルステーションへご相談ください!
技工物制作のお問い合わせはこちらより!