DENTAL STATION GROBAL GROUP BLOG

CAD-CAMセンターについて

2016年8月8日

こんにちは。CAD-CAMセンター技工士濱崎です。

さて今回は医療法人社団グローバル会の技工所、

CAD-CAMセンターはいったいどんな施設か、CAD/CAMとは何かを簡単に説明させていただこうと思います。

CAD-CAMセンターはCAD/CAM(歯科用のCAD)を使い患者様良質な被せ物を提供するべく

本年、4月にスタートしました。

作っている技工物は

○CAD/CAM冠

○e.max冠

○ジルコニア冠

などです。その他マウスピースなども作ります。

CAD/CAMって何?とよく患者様に聞かれるのですが、ザ ックり言いますと

「3Dプリンターみたいに機会で設計して

高品質なセラミックのブロックを機械で削り出して被せものを作る」です。

今回このCAD-CAMセンターに導入されたCAD/CAM セレックインラボX5が

CAD/CAMの中でも凄いのです!

色々と書くと専門的かつ長くなってしまいますので簡単に書きますと

「精度が高く、綺麗で丈夫な被せ物が出来る」

という事。

「セレック」と言うとご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

当センターのセレックはセレックの中でも技工士向きのスピードより精度重視のモデルです。

長くなりましたが香川、高松の歯でお悩みの患者様、デンタルステーションを選んでくださっている全ての患者様の為

CAD-CAMセンターはより良い歯を提供します。